大人の観劇☆ぱんぱんマン☆

大人の観劇@踊り子さん応援ブログ😊

石原さゆみさん「引退公表」再掲載

石原さゆみさん「引退発表」2/8に加筆し再掲載

8日に公開したのですが、雑誌も発売されましたし、諸般の事情を考慮して保留していたのを再掲します。

ただ、2日ほど経過しているので、多少、加筆や訂正などしています。

⬇⬇⬇⬇
久しぶりにブログを書きます。

それから、
ブログを再開しようとも思っています。


石原さゆみ さんの引退が雑誌の記事で公表されました(。>д<)


実は、昨年12月の渋谷道頓堀劇場で「石原さゆみ」さんの周年作を観ましたが、将来が暗示された意味深な内容で、引退を暗示していたのかなと思ったからです。

 

入学から卒業までを演じて、演目の最後の方では、あのおニャン子クラブの〔じゃあね〕だったからです!
以前、「石原さゆみ」さんは、“じゃあね”は引退の時の演目に出すと、つぶやいていたようなんです。

 

皆さんありがとうね!
もうすぐお別れですよ!
そう言っているように感じました。


2016.1 2結の二周年香盤表


f:id:tsurezure_1868:20170210233304j:image

 

2017年になり、東洋でも周年作をやり(最後の挨拶か?、布施にも寄っていたようです)、またTSミュージックの最期の日(1/15)に出演(一周年作を演じたようです)しました。

 

今は、蕨ミニ劇場で、次週はデラカブであり、それからまさごと上野の出演が決まっているようです。(初出演の劇場とか)
引退までに“いろいろな”劇場には乗りたいということなんでしょうか。

 

上野での「ラストステージ」標記は、単なるフライングによるミスだったのか?
それとも加熱する噂のガス抜きだったのか?

 

引退は5月の頭らしく、渋谷道頓堀劇場(所属劇場)になるのかまだ判りませんけど、約2年半という短い間になりますが、ストリップ界の立派なレジェンドだと思います。

 

これも本人のブログに書いてありましたが、けっこう負けん気だし、ストリップに出るなら、それなりの名前を残したいと。「AVの上原亜衣さんのようにね!」と。

今のストリップでは、私の私見ですが(同じ意見の方は多いと思います)踊り子さんの中で(ロック座系も入れて)topにいると思います。ちょっと退いても3本の指には当然として入っていると思います(^_^)v

そりゃあ、踊り子さんという位だから、踊りの上手い踊り子さんはいっぱいいます。
でも、ストリップでは踊りは重要な要素ではありますが、構成する要素の一つでしかありません。
例えばポラ(デジ)対応とか、プロポーションとかを含めての総合力が試される。
踊りが上手いからといってナンバーワンになれる訳ではない。
ある意味、女性としての〔魅力〕が試されている究極の職業だと思っています。

石原さゆみさんは、そういった要素がバランス良く配分?されています(^-^)

演目については、観客層を意識した選曲に衣装やダンスと、おじさん層にビビッとくるステージでメロメロにさせます。
「別名:おじさんキラー(笑)」

ステージ中にチラッチラッとさゆみビームを送りながら、笑顔で踊るステージは女神の化身のようです♪

人気なのはデジにおける列の長さと、異様に多いツーショット撮影をみればわかります(*^^*)(*^^*)
女性受けとしては?ですけどね(笑)


今後の観劇では、その感想をまた書いて行こうと思っています。

もう、立派な踊り子になった「石原さゆみ」さんについて書くことは無いと思っていましたが、再開しようと思います(^-^)

今年に入って腰を悪くして、歩くのがしんどいので観劇は休んでましたが、老体に鞭を打って(決してMではない(笑))出掛けられればと思います。


なお、2月10日発売の雑誌に記事が載っています。

 


f:id:tsurezure_1868:20170210233603j:image

 

インタビュー記事の後に、石原さゆみさんから⇒ファンに向けての「ご挨拶」が掲載されています。

雑誌の内容について転載は出来ませんので、購入して読んで下さい。


f:id:tsurezure_1868:20170210233617j:image

 

雑誌の表紙、真中より右側に「石原さゆみ」の文字が見えます。


あるブログに掲載されていましたが、今は削除されているようです。
(追記:2/10ブログは再掲載されていました)


これからも「石原さゆみ」さんを最後まで応援していきたいと思います(^-^)

その前に体調を治さないと…(^-^;

 

#石原さゆみ
#引退
#ストリップ